白髪染めの選び方

白髪染めの選び方

現在白髪染めは多くのメーカーから販売されており、価格も種類もさまざまです。白髪染めを選ぶときのポイントはどこにあるでしょう。白髪染めを選ぶときのコツは、自分の髪質にあったものを使うということです。髪質とは髪の毛の太い細いや、全体の数量のことです。
髪の毛が少なかったり細い髪質の場合、同じ白髪染めを使っても濃い目の染まり具合になります。量が多かったり毛質が太めの人は反対に染まりにくいため、仕上がりは予定よりも明るくなってしまう傾向があります。
白髪染めを含む染髪料の多くは、医薬部外品に分類され近所のドラッグストアなどで簡単に手に入れることができます。しかし、染髪料には髪や頭皮にとってよくない物質も含まれているため、取り扱いには十分に注意をしなくてはいけません。特に、白髪を染める場合には根元まで黒く染めようとして頭皮に触れるまでべっとりと塗りつけてしまうことがよくあります。皮膚に触れると体質によってはかぶれや炎症を起こすことがあるので、事前にパッチテストなど行い、正しく使用するようにしましょう。
継続して使う白髪染めには、肌にとってやさしい成分でできているものを選びましょう。白髪染めの中には染髪効果以外にも、髪や頭皮の健康増進に役立つ成分を配合したものも販売されています。肌に合わない白髪染めを使用してしまって頭皮にかぶれや炎症が起きてしまうと、白髪や脱毛が進行してしまいます。白髪選びは慎重に行いましょう。